感染防止行動の実践をお願いします。<感染の再拡大の防止に向けて>

札幌市内における協力要請

考え方

札幌市内における感染を徹底して抑え込み、全道への拡大を防ぐため、道の警戒ステージ4相当の強い措置を講じる。

期間

令和3年4月17日土曜日から5月14日金曜日まで

目標

道の警戒ステージ3相当(国のステージ2)以下を目指す。

特措法第24条第9項に基づく協力要請等の実施

【道民及び道内に滞在している皆様への要請】
◆感染リスクを回避できない場合
  • 札幌市内においては、不要不急の外出を控える
  • 札幌市との不要不急の往来を控える
(※札幌市の新規感染者数293人/週以下、病床数110床以下を目安とし、感染状況に応じて期間中の解除も検討する)

全道でのゴールデンウイークにおける協力要請

ゴールデンウイークは、人の移動や会食機会が一層活発化する時期であり、全国的に感染が拡大する中、感染の再拡大を防止するためにも、特に次の場面での感染防止行動を徹底する。

移動の場面では

  • 「外出」・「飲食」・「職場」の「3つの場面」における感染防止行動の実践を特に徹底する。
  • 大人数での会食が避けられない場合は旅行を控える、あるいは旅行の延期を検討する。

花見の場面では

混雑する場所を避け、宴会を控える。

札幌市内におけるゴールデンウイーク特別対策

考え方

人と人との接触を徹底的に抑え、できる限り外出や往来を控える

期間

令和3年4月24日土曜日から5月11日火曜日まで

対策

【道民及び道内に滞在している皆さまへの要請】
■札幌市内においては、不要急の外出を控える
■札幌市 との不要急往来を控える
※具体的には 、医療機関への通院、食料 ・医薬品 ・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持ために必要なもを除き、外出や往来を控えてください 。
■札幌市内においては、できる限り同居していな方との飲食は控える
【事業者の皆様への要請】
■経済団体と連携し、テレワーク や時差出勤などについてより一層の徹底を図る(目標:6割の実施)
■休憩場所 や食事など、職での感染リスクが高いを再点検する
■大規模な集客施設 においては、マスク着用や手指消毒の周知など感染防止対策徹底を図る
【学校への要請】(準備期間を踏まえ順次実施)
■学校教育活動、生寮における感染防止対策を徹底する
■部活動について、学校が必要と判断する場合※を除き、原則休止要請する
※具体的には、十分な感染症対策が講じられている大会やコンクール等への参加及び当該向けた練習について、学校が必要と判断した場合
■大学、専門校等ではオンライ授業の活用やクスを分割したなど実施により密を回避する
【公共施設における取組】
■道立・市立の公共施設の一部夜間休館や利用施設等を順次実施する

問い合せ先・担当窓口

マルチメディア館 IT夢 (企画総務課)

  • 住所 〒098-1501北海道紋別郡西興部村字西興部276番地
    マルチメディア館IT夢「アトム」
  • メールアドレス: ni.atomu@vill.nishiokoppe.lg.jp
  • 電話番号: 0158-87-2900
  • ファクシミリ: 0158-88-5134