移住定住助成制度

イラスト
各事業・助成は、平成30年2月現在の内容になります。
詳しくは役場までお問い合わせください。

子育て

村全体でサポート! いい子育つよ、この村は! 
[ポイント]
  • 妊娠・出産支援
  • 0~18歳は医療費全額無料
  • 学校給食無料
  • 安心して働ける学童保育

出産

  • エンゼル祝い金
    • 第一子:10万円
    • 第二子:20万円
    • 第三子:50万円
    • 第四子以降:100万円
  • 不妊治療助成
    • 一般不妊治療~1年あたり10万円上限。回数無制限
    • 特定不妊治療~1回あたり15万円上限。最大6回
  • 妊産婦安心出産支援事業
    • 妊婦健診や出産のために産科医療機関までの往復交通費を支援
    • 助成の金額は、名寄市または紋別市内の産科医療機関までの交通費(16回分程度)

新生児・乳幼児

  • 0から18歳は医療費全額無料(※保険適用外の費用は該当しない)
  • 保育サービス
    • 1歳児受入保育(定員3名)
    • 延長保育及び一時預り保育
    • 保育所の使用料を定額、さらに2人目からは半額
  • 夢のおくりもの事業
    • 新生児誕生に際し、木のおもちゃをプレゼント
  • 乳幼児紙おむつ等購入助成事業
    • 村内の取扱店で使用できる5万円分の引換券を支給
  • ブックスタート事業
    • 3ケ月乳幼児健康診査時に絵本をプレゼント

小学生・中学生・高校生

  • 小・中学校給食が全て無料
  • 学童保育事業(働く子育て世代には嬉しい安心な事業!)
    • 児童が放課後の時間を安全・安心に過ごすため学童保育を開設。子育て期間中の保護者の就労と子育てを支援。一日あたりの使用料はおやつ代と教材費、合わせて60円
  • 山村留学
    • 上興部小学校に1年間からの親子留学。住宅費全額助成、入居時の引越し費用として5万円を助成。さらに、児童の生活補助費として毎月2万円助成
  • 中学校海外体験学習の実施
    • 村内中学1、2年生全員が、夏休みの10日間をアメリカ・アラスカ州ジュノー市でホームステイ(隔年で実施)
  • 高等学校等通学費等補助金
    • バス通学や下宿等において通学をする生徒に月額1万円を支給

住まい

住まいの各種サポートもがっちり! 安心して移住できる!
[ポイント]
  • 色彩統一事業最大75万円補助
  • 持ち家建設定額200万円助成
  • ゴミ処理無料 

戸建て住宅

  •  美しい村づくり事業推進補助金
    • 色彩統一事業
      • 建物の屋根、又は外壁を村の指定色にした場合に最大75万円補助
    • 廃屋解体撤去事業
      • 景観を阻害している廃屋の解体撤去事業に対し、100万円限度補助
  • 土地
    • 村指定宅地に建築で、10年間宅地使用料無料
  • 快適住宅リフォーム事業補助金
    • 快適に過ごすための空家や既存住宅のリフォーム経費を最大100万円助成
  • 太陽光発電システム導入費補助金
    • 太陽光発電システム導入費を、最大65万円補助
  • ゴミ無料
    • 家電リサイクルやパソコンリサイクル品を除き日常の家庭から出る一般的なゴミは無料
  • 持ち家建設奨励補助制度
    • 村内における一戸建て、二世帯住宅建設に補助。一棟定額200万円助成。加算分として二世帯住宅100万円。中学生以下の子ども1人につき50万円、移住者50万円を助成(一定の条件による)
たとえば...
  • 二世帯住宅:親世帯と子世帯が分離した居住空間(親、子、孫2人の場合)
    • 一棟定額200万円+二世帯100万円+中学生以下の子50万円×2人=合計400万円
  • 移住者夫婦(夫婦、子2人の場合)
    • 一棟定額200万円+移住者50万円+中学生以下の子50万円×2人=合計 350万円  

働く

 一緒に働こうよ、この村で!
[ポイント]
  • 就業・就農起業支援充実

就業

  • 新規就農者支援事業
    • 新たに酪農を始めた方に対し奨励金の交付。営農開始後の5年間に、農地保有合理化促進事業及び農場リース円滑化事業等に係る賃借料、固定資産税の一部を補助。さらに農業経営に必要な農用地及び農業施設の取得、並びに家畜等を導入するために借入をした農業関係制度資金に対し一部を補助
  • 起業家支援事業
    • 村内で新たに事業を開始し、5年以上継続して展開できる起業家に対して、対象事業経費の3/4、最大300万円を補助
  • 福祉従事者確保支援事業(※にしおこっぺ福祉会)
    • 無資格者、取得見込者、資格取得者に向けた各種就職準備資金貸付制度が利用可能。研修に係る費用の一部を補助並びに奨学金貸付制度もある

問い合せ先・担当窓口

企画総務課 企画係