森の美術館「木夢(コム)」

森の美術館「木夢(こむ)」は、「見て、触れて、遊んで、作って」を体感できる、木の妖精たちと戯れることのできる「おとぎの国」です。

画像スライド集

スライド1
森の美術館「木夢(こむ)」外観
スライド2
木のゆうえんち

直径30メートルの円形ホールには、伊藤館長監修の大型遊具がたくさん詰まっています。

スライド3
木の砂場

約14万個の木の玉が敷き詰められた「木の砂場」は、現在、日本一です。

スライド4
アドベンチャーヒルズ

忍者屋敷のように迷路になった造形物。地下有り、螺旋すべり台有り、屋上からは遊園地全体を見下ろせます。

スライド5
パズルのお部屋

壁面パズルに、床積み木、小さなものから大きなものまでさまざまなパズルあります。

スライド6
世界のパズル

パズルのお部屋には、世界で有名なパズルが展示されています。

西興部村森の美術館「木夢」

みて、ふれて、あそんで、つくる。
4つの体験をコンセプトに木の持つやさしさ、ぬくもりを伝えます。

 森の美術館「木夢」は、西興部村の森林資源を原料として制作された「木の砂場」をはじめ、大型木製遊具や組木、各種手づくり木のおもちゃなど約3,000点の作品にトイシアターなどの設備を備えた全天候型の屋内木の遊園地として平成9年(1997年)4月に開館いたしました。

 「見て」、「触れて」、「遊んで」、「創る(作る)」をコンセプトに、自らモノを作る楽しさと、木の持つ優しい「肌触り」と「音」、そして材質の持つ「強さ」を学び、体験する施設として、木のおもちゃ作家、故・伊藤英二(森の美術館「木夢」初代館長)氏が監修した想いが今も受け継がれております。

 プラスチック製品がほとんどとなったおもちゃの時代に、長く愛用できる木のおもちゃは、ものを大切にする心とやさしさ、強さを身につけます。森の美術館「木夢」では、情操教育面やファーストミュージアム体験としても子どもの成長に合わせた環境をつくり、木のおもちゃ文化を伝承します。

木夢ホームページ

木夢ホームページがリニューアルオープンしました!!

基本情報

  • 施設概要:手作りの木のおもちゃの美術館、木工体験施設
  • 所在地:紋別郡西興部村字西興部276
  • 電話番号:0158-87-2600
  • 開館時間:
    • 夏期(4〜10月)10:00〜17:00
    • 冬期(11〜3月)10:00〜16:30
  • 休館日:毎週火曜日(祝日の際は翌日)
  • 施設内容:木のおもちゃの美術館、サンタワールド、木工体験
  • 入場料
    • 高校生以上(500円)
    • 小学校4年生〜中学生(300円)
    • 3歳〜小学3年生以下(100円)
  • お得な年間入館パスポート(発行した日から1年間有効)
    • 高校生以上(3,000円)
    • 小学校4年生〜中学生(2,000円)
    • 3歳〜小学3年生以下(1,000円)
  • チャイルドサポート年間入館パスポート(発行した日から1年間有効)
    • 3歳未満の子供+保護者(3,000円)
    • 3歳~6歳未満の子供+保護者(4,000円)
  • チャイルドサポート年間入館パスポートは、登録した子供一人に保護者(20歳以上)を特定せずに、お一人ペアで入館できます。
  • 申込み先/問合せ先:西興部村森の美術館「木夢」

より大きな地図で 西興部村観光情報 を表示